生活を支える「雨量計」

雨量計とは聞きなれないワードですが、私たちの生活を陰ながらに支えてくれている物です。雨量計とは何かというと、その名の通り雨の量を計る専門器具のことです。基本的な測定方法は、「受水器」という漏斗型の受け皿を用いて、その雨を機器の内部に導き、その量を測ることで降水量を求めます。この機械は気象庁をはじめとする様々な公共団体や事業者が広く使用しています。私たちがニュースで降水量を知ることができるのは、雨量計ありきです。このように私たちの日常には、知らないところで知らない誰かかが、知らない何かが私たちの生活を支えてくれているということがたくさんあります。子供のころは、「なんで」「どうして」と浮かべることがありましたが、大人になるにつれて当たり前が増えて行ってしまいます。日常にある疑問にたまには目を向けて、自分の生活の陰ながらの支えに感謝をすることも必要なことかもしれません。

雨量計を使った災害対策

集中的に雨が降ってしまうと、土砂災害などのリスクが高まります。雨量計を設置して雨量を定期的にチェックをすることによって、土砂災害に関する情報を得ることが出来ます。一定の雨量に達した場合には、避難勧告を出すことも可能です。危険が迫っている時に迅速に避難をすることによって、命を救うこともできます。災害が起きてからでは遅いので、しっかりと情報を収集することも大事です。今はデータをパソコンなどに転送してくれるシステムもあるので、わざわざ設置をしてある場所に足を運ぶこともありません。リアルタイムで確認をすることによって、安心も得ることができます。どういうところに設置をすればよいのか、ということも考えることができますし、そうすることによってそのエリアの安全を守ることも出来るようになるので、必要なものと言えます。

雨量計には2種類が存在しています

ここ数年、日本では豪雨と呼ばれるものが多くなっています。しかしこの傾向は、日本だけでなく、東アジア全体にも言えることで、日本だけが極端に雨の量が、多くなっている訳ではないようです。一日だけでの降水量が、100ミリとか200ミリを越えることも多く、非常に危険なことにもなっているようです。そんな雨が多いことから役立ってくれるのが、雨量計です。この計りとは、降水量を測るもので、2種類あります。それは貯水型と転倒ます型と言われるものになります。一般的に知られているのが、貯水型と言われるもので、振り出した雨を貯水ビンに貯め、これを雨量ますに移し、その量を測るものになります。また、転倒ます型は、時間での計測が可能なことから専門的な場所で使われることが多く、気象庁や河川事務所など、公的な機関で使用されています。

大震災以降、新エネルギー対策として、太陽光発電が増加傾向にあり、太陽光発電計測システム向けもご紹介しています。 地球環境を考えることをテーマに気象データを収集し、太陽光発電システムと気象条件の関係などを詳しく調査できます。 環境・エネルギー問題への積極的な取り組み姿勢を印象づけることで、地域住民への環境啓発にも効果的にお役立ていただけます。 【フィールドプロ】雨量計の販売・お見積りはこちら