雨量計は雨の降水量を図る機器です

雨量計は雨の降水量を図る機器であり、気象庁などで使用されています。しかし近年洪水などの被害も多くなり川の氾濫などが多く続き、各地域や個人で購入したり、レンタルをしたりして降水量を図られている所もあります。基本的な測定方法は、漏斗型の受水器直径20センチの物が基本サイズとなっています。雨の多いい時期には雨量計を使用し、雨量を図る事により、河川の近くに住まわれている方などは、氾濫などの注意を早めに知る事が出来ます。購入価格もやレンタル価格などもそう高い物ではないので、利用する方が増えて来ているようです。また、期待のサイズや使用方法などが解ればペットボトルなどでサイズを調整し作成する事も出来ます。近年の降水量は異常な位激しく、河川の氾濫などいつ有るか解らない状態です。雨量計など設置して置くと早めの対策が出来るので便利です。

雨量計の種類と仕組み

雨量計は、降水量の計測を行うための機器のことで、ロート状の受水器で集めた雨水を機器の内部に流して降水量を測るという仕組みを持っています。また、ヒーターを内蔵したものについては、雪などが降る寒冷地での計測も可能です。種類としては、貯水型と転倒ます型の主に2つがあります。まず「貯水型」は、貯水ビンの中に溜まった雨水を、実際の計測が行われるメスシリンダー(雨量ます)に移し変えて雨量を測ります。そして「転倒ます型」は、鹿威しのような動きをする「転倒ます」が付いているタイプになります。ある一定量の雨水が転倒ますに貯まると、自動的に転倒するようになっており、その転倒した回数が1時間あたり何回あったかで降水量を計測するという仕組みになっています。また転倒ます型は、自動的に排水されるため、長時間放置したままでの計測が可能です。

雨量計は農業する人にはオススメ

雨量計は農業する人にはオススメです。そもそも、何をする器具かというと降雨量を測定する器具になります。各メーカーによって様々なタイプがあり、安いものから高価なものまで様々です。一概にどれが良いというのは無く、自分の使用目的をしっかりと考えて予算の範囲内で購入を検討すればよいかと。農業において降雨量を測定することは重要です。昨年度の測定結果と比べ雨が多ければ湿度からくる病害虫の予防をおこなったり、雨がすくなければ水を多くあげたりと色々と対策がたてらます。また、農薬によっては何ミリ以上の降雨量になれば効果が薄れますなどとも書いてあるので、雨量計を使用することで適切に農薬を使用することができます。気象丁などの発表もありますが、局所的な雨も多いので個人で測定できることは大きな強みになり農業従事者にとっては品質の良いものを生産する強みになります。