防災管理に有効な雨量計

土砂災害と雨量には密接な関係があり、気象庁などでは土壌に溜まっている水の量を「土壌雨量指数」で表しがけ崩れなどの予測を行っています。土壌雨量指数の計算は地表を5km四方に区切って行いますので「自宅の裏山の崩れる可能性はどうなのか」といった数百m四方の局所的な状況については、5km四方の平均値から大きく外れる場合があります。雨量が、一時間に20mmから30mmだと小規模のがけ崩れが始まる可能性が高く、30mmを超えると山崩れ・がけ崩れ起きやすくなり危険地帯では避難の準備が必要になってきます。気象庁の予報だけでは自宅付近の局所的な状況に対する対応への遅れが懸念されますが、雨量計があればその心配は軽減できます。またメスシリンダーや計量カップでも雨量の観測は可能ですが、一時間の雨量を計測するには一時間おきに目盛りを記録・計算するなどの手間がかかります。1時間雨量の測定が可能な雨量計なら記録・計算の手間も発生しません。土砂災害発生の可能性がある地域に住んでいる場合、雨量計は防災管理に有用です。

雨量計は、定期的なケアを怠らないと長持ちする

雨量計は、定期的に業者さんに検査をしてもらうと、より安全に正確に使用できて便利です。購入の際は、多くの種類を見ることができるネット検索等が便利です。大きさや値段、機能性など、自分の必要とする形の製品をしっかりと選択できますので、ネット検索の良さは無限大でもあります。お手頃なものですと、家庭で飾っておくだけにも使用できそうなものもあり、目を見張りますが、本格的なものですと気象庁が直接使用する製品なども売っていて、種類の多さには目を見張るものがあります。雨量計ですので、あまり派手なデザインのものは、種類は多くはありませんが、家庭用のものですと、意外とかわいらしいものもありますので探してみるといいです。新しい発見もあり心躍る一面もあります。定期的なケアを続けると、長く使用できるものが多いですので、ケアの仕方はしっかり勉強すべきです。

災害時に活躍をする雨量計

災害が起きると復旧作業に追われます。そこに天候の悪化が重なると更に被害が拡大をする可能性があります。特に雨は地盤が緩んだところに降ることによって土砂災害が起こる可能性が高まります。事前に避難をすることができれば、人命も救われるでしょう。雨の量をチェックして避難勧告を出すことも大事です。雨量計を設置することによって一定時間の雨量を確認することが出来ます。災害時には天候の情報も重要となってくるので、細かくチェックをして被災者に伝えることも大事です。被害が拡大をしないように配慮をすることも大事ですし、被害の拡大を抑えるための準備期間も雨量をチェックすることによって稼ぐことが出来ます。デジタルで雨量を管理することも出来るようになっているので、安全ですし、データも確かなので安心して避難をすることができるでしょう。