別名転倒ますとも言われる雨量計

雨量計は、転倒ます雨量計と言われるのが主となります。雨水を貯蓄して、その重さを電気パルスに変えることで、雨の量を測ることができる装置になります。雨水を受水口から漏斗をつたって、転倒ますに雨水を貯蓄します。雨水の重さが決まった量に達すると転倒ますが倒れる仕組みになっていて、倒れるのと一緒にスイッチがプッシュされ、水を吐き出します。スイッチがプッシュされた回数分により雨の量をはかることができます。転倒時には、貯蓄した水は捨てられるので、転倒ますは転倒状態から最初の位置に戻ります。雨が降っている間、この動きを繰り返して行い、降水量を測り続けるという仕掛けです。降水量の換算についてですが、直径が20センチの雨量計タイプを基準として、1パルスで測れる雨量が計算できます。雨が転倒ますに入っていくことからも誤差が出てきますが、0.5ミリタイプの方が誤差が出やすくなるでしょう。

雨量計の活用方法を知っておこう

近年は集中豪雨による都市被害が多くなってきており、大きな爪痕として残っている地域も多数あります。そんな災害時に役に立つ機器が雨量計と言われる物です。河川の氾濫、集中豪雨などの雨による被害を未然に防ぎ、最小限の被害に食い止めるのが雨量計です。さらに、土木建築やダム管理システム、農業などの水質源を有効活用する為にも利用されています。種類としては貯水型と転倒ます型の二種類があり、貯水型では貯水ビンに溜まっている雨水をシリンダー部へ移して雨量を測る物です。それに対して転倒ます型は一定の重みが計測されると自動で容器が流れる仕組みとなっており、放置しておいても正確な計測ができる事が利点としてあります。気象庁、河川事務所などの公共機関で使用されています。近年ではレーダーによって大まかな降雨量を把握する事が出来るシステムが多く活用されています。

雨量計で雨水の量が計測できる仕組み

雨量計には、貯水タイプと転倒ますタイプの2種類があり、それぞれ仕組みが異なります。「貯水タイプ」は、貯水用のビンに溜まった雨水を、目盛りの付いたメスシリンダー移し変えて測定するというシンプルな仕組みになります。一方の「転倒ますタイプ」は、日本庭園などでよく見掛ける「鹿威し」と同じ原理で動く「転倒ます」と呼ばれる仕掛けが組み込まれています。この転倒ますは、シーソーのような形状をしていて、そのシーソーの左右それぞれに雨水を溜めるための「ます」が1つずつ(左右で2つ)付いています。この左右のますは、雨水が溜まるとその重みで転倒するという動きを交互に繰り返しますが、転倒ますタイプの雨量計は、その転倒した回数によって雨量が計測できるという仕組みになっています。また、転倒回数の計測は、リードスイッチと呼ばれる機械によって行われます。